So-net無料ブログ作成

ビルバオを去る前に [ビルバオ 2018 冬]

ふむふむ・・・7つある中世の通りの一つ・・・か。

pv18blb4d37.jpg
通りの名前がプレートに記してある。 その下には、バスク語スペイン語で解説が。

12月中旬に行ったスペイン北部の街、Bilbaoビルバオでの話、4日目、最終日の続き。
この日、バルで遅めの朝食をとり、新広場でのお祭り屋台を見た後、旧市街散策をしていた。


pv18blb4d38.jpg

時間は13:00頃。 あと1時間くらいは大丈夫、と散歩を続ける。


pv18blb4d39.jpg

細い通りから見えるも細長く。


pv18blb4d40.jpg

缶詰・瓶詰屋さんなのかな・・・と言ってもほぼ中身は2種類。 
Atún アトゥン(マグロ、ツナ)か、Bonito ボニート(カツオ)か。


pv18blb4d41.jpg

チュン、チュン、チュンと何やら賑やかな声と思ったら、頭上の鉢植えの植物にスズメたちがたむろ。
10羽くらい集まっていた。


pv18blb4d42.jpg

美味しそうだったので、ついつい誘惑に負けて。 これから昼食だというのに。

ふたりで分けたハモン・セラーノのサンド
はみ出した部分をバゲットに巻きつけるようにしてあった。熟成した生ハムの、たまらなくいい風味。


pv18blb4d43.jpg

最近のポストカードは写真がキレイ。 


pv18blb4d44.jpg

ベランダから人が・・・と思ったら、人形だった。 あ〜びっくりした。

で、ふらふらとやってきたのが・・・

pv18blb4d45.jpg

・・・新広場にあるバル。 

朝食で食べたピンチョスが美味しかったので、同じ店にまた戻ってきたのだ。
お店の人も顔を覚えててくれて、笑ってた。

カウンターはL字型になってて、目の前以外に、右側の長い一辺にもまだずらりと並んでいる。


pv18blb4d46.jpg

モスト(葡萄ジュースのようなの)と、ちょこっとつまむ。 
私が選んだのは、スライスしたバゲットの上に海藻と飴色になった玉ねぎ炒め、イカの足のフライ。

Kamoさんのは何だったかな・・・。
スプーンの上に、ピキージョ(赤ピーマン)のオイル漬け、そしてカニだったかのフライ?



pv18blb4d47.jpg

そして、空港へと向かい始める。 Teatro Arriaga テアトロ・アリアーガ。 アリアーガ劇場
その周りにもMercado de Santo Tomás メルカド・デ・サント・トマス(聖トマスの市)の屋台。

かなりの賑わいに、ここも見てみたかった・・・と後ろ髪を引かれつつ、
ネルビオン川にかかるを渡る。


pv18blb4d48.jpg

一つ目の広場で、メトロ(地下鉄)の入り口も撮っておく。
夜、暗い時に見た時、明かりが漏れてキレイだった。


pv18blb4d49.jpg

さらにまっすぐ進んで、途中、銀行の建物の上にあった彫刻

波を分けて進む船の舳先に立つ人物。 翼のある帽子2匹の蛇が巻きつくを持ってるから、
ギリシア神話のヘルメス、ローマ神話のマーキュリーかな。


pv18blb4d50.jpg

Plaza Moyúa モジュア広場で、空港へ向かうバスを待つ間に撮った郵便ポスト

バスは15分ごとに来るみたい。 14:25頃にバスに乗り、高速道路へ。


pv18blb4d51.jpg

空港まで25分ほどだったかな。 オランダへの飛行機は17:20発だから余裕。

でも、チケットの発券機が見当たらず、カウンターが開くまで待った・・・。


pv18blb4d52.jpg

さらにオランダからビルバオに来る飛行機が遅れているようで、なかなかゲート番号が出ず。
美味しそうだな・・・と座ってモニターを見ていたところへ、Kamoさんが水を買って来てくれた。

空港内、24℃もあり、暑くて。

17:00頃に到着した飛行機の機内清掃、給油が終わって・・・

pv18blb4d53.jpg

・・・やっと搭乗。 暮れゆく空の移ろいを、小窓から眺めつつ離陸を待つ。

結局、1時間あまり遅れて、18:30頃に出発した。 長かったなぁ。
アムステルダムまでは約2時間の飛行だけれど、遅れた分、急いだのか20:00頃に到着。
30分ほど挽回した。


3泊4日のビルバオの旅話、あと1回続く。




8月になったので、ブログのヘッダーの写真を変えてみた。
今年の夏休みに撮ったもの^^。

nice!(65)  コメント(19) 
共通テーマ:旅行

nice! 65

コメント 19

nicolas

生ハムの塩気とあの熟成した時の香り思いだしたら、ナマツバが出そうになりました。(笑)
バスクは、サン=ジャン=ド=リュズ行ってみたいんですが、ビルバオもいい感じですねー
ビルバオのポストも黄色いんですね~ かわいい♡
by nicolas (2019-08-02 16:34) 

ぴーすけ君

見上げると窓が並び 生活感があって
ワクワクが上がりますね。
by ぴーすけ君 (2019-08-02 16:39) 

そら

当たり前ですがスペインにもスズメがいるんだぁ、などと感激しました(^^;
それしてもハモン・セラーノのサンド、美味しそうです(^^)
生ハムかなぁ??
by そら (2019-08-02 19:21) 

ma2ma2

スズメさんがいるのですね!
ハワイとかだと鳩は見ますがスズメもカラスもみないです(^^)
by ma2ma2 (2019-08-02 21:47) 

Yamamoto

こんばんは、ビルバオは夏は暑いんですか?
スペインの生ハムは有名でしたよね。確かバスクが名産品でしたか?
イタリアのパルマも有名だったかと。
by Yamamoto (2019-08-03 00:06) 

まいやん

古臭い丸ポストなのにお洒落ですねー(^-^)
by まいやん (2019-08-03 00:16) 

めぎ

旅の終わりの最後の夕空、美しいですね!
ご覧になったSWR Symphonieorchesterの演奏を私も見たんですよ。今回クルレンツィスが自分のオーケストラをザルツブルクに連れてきたんです。あの立ったパフォーマンスもそのままでしたよ。
by めぎ (2019-08-03 04:52) 

YUTAじい

おはようございます。
ご訪問nice!ありがとうございます。
海外旅行ご無沙汰です( ´艸`)・・・また行きたいです。
by YUTAじい (2019-08-03 05:53) 

斗夢

人が落ちそう・・・悪いいたずらですね。
バルの食べ物はなんで美味しく見えるんでしょうね、量が少ないから?
by 斗夢 (2019-08-03 06:15) 

YAP

同じバルに続けて行くとは、よほどおいしかったんですね。
たしかに、写真からでもおいしそうなのが伝わってきます。
by YAP (2019-08-03 07:05) 

Boss365

こんにちは。
出発前の散歩、良いアングルで撮影している感じです。
「ハモン・セラーノのサンド」生ハムが美味しそうです。
ベランダの人形?危ない感じ(笑)
飛行機の小窓見える風景・・・
マジックアワーのような美しさです!?(=^・ェ・^=)
by Boss365 (2019-08-03 09:16) 

KOME

郵便ポスト、目を引きますね。
by KOME (2019-08-03 09:52) 

JUNKO

黄色いポストまでお洒落、どうして異国のものはなにもかにも素敵なんでしょう。
by JUNKO (2019-08-03 16:34) 

(。・_・。)2k

パン 美味しそうですねぇ
ハムがはみ出してるなんて素晴らしい

by (。・_・。)2k (2019-08-03 17:37) 

ぼんぼちぼちぼち

街の何気ない一隅にもセンスの良さが感じられやすね。
黄色いポストも可愛いでやす。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-08-03 20:04) 

miffy

建物の隙間から見る空、撮るの首が痛くなりませんでしたか?
ハモンセラーノを巻き付けたパン美味しそう♪
またピンチョスを食べに行った気持ちわかります。
とっても美味しそうですものね。
機内から見た空の色がとっても美しいですね~
by miffy (2019-08-03 20:09) 

kuwachan

最終日が夕方の便だと1日が有効に使えて得した気分になりますよね^^
ピンチョスが美味しそう。
私だとあれもこれもと食べてしまいそうです(笑)
by kuwachan (2019-08-04 00:45) 

marimo

ヘッダーの写真、とっても涼し気~~夏山の風景。
赤い小屋は山小屋ですか?
ビルバオの真冬の風景がこの季節ちょっぴり涼しさを運んできてくれているように思います。
スペイン語で書かれ看板はオランド語と似ているのですか?
生ハムサンドも美味しそう♪
ピンチョスのお店気になります(^^
by marimo (2019-08-04 09:18) 

Inatimy

→皆さま「ビルバオを去る前に」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。あっという間の3泊4日のビルバオの旅でしたが、こうして振り返ってみると、かなりたくさん撮ってたんだなぁ・・・と^^;。オランダの冬に慣れてしまった身には、ビルバオはすごく過ごしやすい気温でした。落葉してなくて緑も多く残ってたし。

→nicolasさま
スペインの生ハムは、カビで熟成してるから風味が異なりますよね^^。サン=ジャン=ド=リュズはフランス側のバスクですね。列車で通ったことがあるかも。昔パリから乗って、マドリッドに入ったことがあるので^^;。ビルバオの黄色いポストも可愛いかったです♪

→ぴーすけ君さま
ここに暮しがあるんだなぁと実感でした。旧市街の夜は賑やか・・・だと思ってたんですが、案外夜は静かでよく眠れました^^。

→そらさま
スペインにもスズメがいるんですよ^^。でもね、ほっぺに黒丸がないイエスズメ。ハモンセラーノはスペイン語で生ハム♪ スペインの生ハムは独特の風味で好きです。

→ma2ma2さま
国によってよく見かける鳥が異なりますよね。オランダはほっぺに黒丸がないイエスズメの他に、カササギ、カケス、クロウタドリ、ワカケホンセイインコが多いかな。

→Yamamotoさま
冬に行ったので、夏のビルバオはどうなんでしょうね。生ハムは、カスティーリャ・イ・レオンのどんぐりを食べて育てる豚のが有名です。イタリアの生ハムとは全く風味が異なりますよ^^。

→まいやんさま
古臭いと言っちゃかわいそうです、可愛いです^^。

→めぎさま
最後の最後にビルバオの綺麗な夕空の色を見ることができました^^。クルレンツィス指揮の交響曲、良かったです。あの後、他の指揮者・オーケストラの演奏も探して聴き比べてたんですが、クルレンツィス指揮のが好みでした。

→YUTAじいさま
オランダはこぢんまりした国ゆえ、2時間ほど飛行機に乗るといろんな国へ行けるので、日本でいうと国内旅行みたいな近さなんですけどね^^;。

→斗夢さま
バスクは美食の街ですから特に美味しそうに見えるのかも^^。盛り付けや素材の組み合わせが絶妙です。

→YAPさま
滞在中に何軒か回ってみましたが、ここのが一番我が家好みの味付けでした^^。近所にはミシュランガイドにも載ったことがあるというバルもあったんですが、そこよりも、ここの店が口に合い。

→Boss365さま
生ハム、昔、初めてスペインに来る前はあまり好みじゃなかったんですが、スペインの生ハムは風味が別格で、以来好物です^^。適度な雲が、夕日に照らされてものすごく美しく。長いこと空港内で待ったけど、それが報われたような感じでした。

→KOMEさま
郵便ポストはどこの国へ行っても撮ってしまう対象です^^。

→JUNKOさま
普段見慣れないものは新鮮に映りますよね。だから、つい撮って残しておきたくなってしまって、大量になりました^^;。

→(。・_・。)2kさま
いっぱい生ハムが入ってましたよ^^。美味しいもので気分が幸せになりました。スペインの生ハム、もう恋しいです・・・・。

→ぼんぼちぼちぼちさま
街のあちこちに興味を惹かれるものがたくさんあって、どこまでも歩いてしまいそうになります^^。黄色いポストも、丸みを帯びたフォルムが愛らしいですよね。

→miffyさま
空を撮るの、首は大丈夫でしたよ。カメラのモニター、動いて角度を変えられるんです^^。旅の一番の楽しみは食べ物かもしれない、と思ったビルバオでした。飛行機が遅れて待つのに疲れたけれど、この夕空を見ることができたので、よかったかもしれない♪

→kuwachanさま
便が遅いと旅先でたっぷり楽しめるんですが、オランダの家に帰ったら寒くて真っ暗で^^;。そこからあれこれ片付けたり掃除したりしてるとバタバタ・・・現実に戻りますねぇ。ピンチョスは、生ハムのサンドを食べてなかったら、あと2品はいけたかもしれない^^。

→marimoさま
ヘッダーの写真、コメントくださって嬉しいです^^。涼しい夏の山で、こんな感じの小屋があちこちに。スペイン語とオランダ語は全く違ってて、たまに混乱します・・・。欧州の中、どうしてこんなにいろんな言語が存在してるんだろう・・・一緒だったらもっと楽なのにとなんども思ったり^^;。ピンチョスのお店、店構えもオシャレでしたよ。
by Inatimy (2019-08-06 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。