So-net無料ブログ作成

道すがらの花 [オーレスン 2017 夏]

そそられるものが多いから、
寄り道も考慮に入れて。

心にも時間にも余裕を・・・が理想。


nw17m12b1.jpg
7月上旬、夏休みに行ったノルウェーの街、Ålesund オーレスンでのお話。 5日目の始まり。

この日はとうとうオランダに戻る日。 
乗るフライトまで時間があるので、チェックアウトの際に宿に荷物を預け、また散歩


nw17m12b2.jpg

をつなぐを越え、円塔映画館も通り過ぎ、ひたすらへ、へと住宅街を抜けてきた。
振り返れば、ご覧の通りの急な坂道・・・すでに息切れで、時折り立ち止まって呼吸を整えながら。

ターミナルには、また別の客船が停泊中。 赤い唇のイタリア大型客船はすでに出航した模様。


nw17ym12tb1.jpg

家並みが途切れると、落石防止のためにチェーンワイヤーで留められた大きな岩肌
その横の階段を上っていく。

白い花、ノイバラ(野茨)かな。 視界が開けたところで振り返ると・・・

nw17ym12tb3.jpg

・・・こんな風景が。 そう、またAkslaアクスラ山に登ってたのだ。 

今度は別のルートで、階段と緩やかな砂利道を歩いて。 
道の真ん中まで出てきてる巨大なナメクジにも気をつけながら。


nw17ym12tb2.jpg

ちょっぴりズーム。 右上にある白い建物が、いつも行ってた展望台


nw17ym12tb4.jpg
今度はピンクのノイバラ(野茨)

フライトは夕方だったので、ランチを済ませてから午後2時半くらいのバス空港に向かえば余裕。


nw17ym12tb5.jpg
ムラサキツメクサ(紫詰草)もたくさん咲いていた。

なので、の締めにと、また、高低差のある風景を楽しむことにしたのだ。
オランダに戻ればまた、山のない、どこまでもずーっと真っ平らな地での暮らしだもの。


nw17ym12tb6.jpg
この貯水池は、ダム2。 この奥、すぐ近くにダム3がある。

山の遊歩道の詳しい地図は持ってなかったけど、
到着した日に公園内で撮っておいた案内図があったので、時々再生して位置を確認。

かなり役に立った。 普段の街歩きでは途中で地図を見ることは無いけど、は別。


nw17ym12tb7.jpg
限られた青空。 一部で白く、激しい雨が降っているのが見える。

どこを歩くにしても道案内は私の係。


nw17ym12tb8.jpg
野生のブルーベリー発見。 ブルーベリーの一種、ビルベリーと思われる。 他に木苺もなってた。

歩く時には、いつも看板など目印になるものを見つけながら、
帰りのことも想定して、たまに振り返って街並みのイメージを頭に残している。


nw17ym12tb9.jpg
鮮やかな緑の中に、小さなが点々と。 
ムラサキツメクサ、シロツメクサ、セイヨウミヤコグサ、イトシャジンなどなど。

それと同時に、どこからどこまで何分くらいかかったか所要時間も意識して。


nw17ym12tb10.jpg
多分、ヒメフウロ(姫風露)

この時もを撮りつつ、
空港行きのバスの出発時間から、宿に預けた荷物を取りに行くのにかかる時間とバス停への移動時間、
ランチにかかる時間、から街の中への移動時間を差し引いて・・・と、行動するタイミングを逆算


nw17ym12tb11.jpg
おそらく、セイヨウカノコソウ(西洋鹿の子草)。 花蜂に人気のようで、ブンブンとまってた。

頭の中でスケジュールが組まれていくにつれ、だんだんとが終わりに近づくのを実感。
でも、オーレスンに行ったのは7月上旬で、はまだまだ始まったばかり。


nw17ym12tb12.jpg

端っこから少しだけ咲き始めてるムラサキツメクサが、そんなを表してるようだった。


nw17ym12tb13.jpg

アクスラ山から見るオーレスンの街。 宿、学校、教会・・・歩いた道が思い出される。
今度来たら、真ん中に見える半円のを渡って、の向こうの水族館にも行こう。


nw17ym12tb14.jpg

そろそろ移動。 この階段を降りて、街の中心へ戻らないとね。 

朝はたっぷり食べたのに、ぼちぼちお腹もすいてきた・・・。


nw17m12b3.jpg

この辺りは大火災を免れたか、それとも<新築石造り限定>となるエリア外か、木造住宅もあった。

木のフェンスの隙間から赤いバラ。 白いペイントで、ますます濃厚なに見える。


nw17m12b4.jpg

家の角、ビオラ手押し車が愛らしい。 
でも元気なままのビオラ・・・オーレスンの涼しい気候がよくわかるな。

この日も最高で15〜16℃の予報だった。



、ここ数日のオランダの最高気温がその時と同じくらい。


日曜、10月29日で夏時間が終了。 ※ 追記: 1時間針を戻して、夜中の3時が2時に。
朝は、より早く明るくなって、夕方は、より早く暗くなる。

日本との時差は1時間延びて8時間に。 日本8時間後ろを歩いている。
例えば、日本の朝6時は、オランダでは前日の夜22時^^。


当然なんだけど、日の出 日没も1時間ずれるのも面白く。
10月28日(土) 08:30 ↑ 18:18 ↓
10月29日(日) 07:32 ↑ 17:16 ↓


部屋にある時計の針、全部直さないとなぁ・・・^^;。
携帯カメラの時間も確認しとこ。

nice!(43)  コメント(22) 
共通テーマ:旅行

nice! 43

コメント 22

KOME

素晴らしい風景だなあ。
夏は短いのでしょうか。

by KOME (2017-10-29 18:23) 

竹口要

どこを見渡しても平らな場所って羨ましい~!!
と思ってしまいますが、
ない物ねだりなのかもしれませんねぇ。
(我が家は山だらけで圧迫感です(笑))

また時計をずらす日がやって来ましたね!
年月が過ぎるのは早いです・・・
ツマ。

by 竹口要 (2017-10-29 19:04) 

みち

道案内役なんですね、すごいなぁ。私は方向音痴だから
とんでもないところを歩いてしまいそうです。
お花と高いところから見た景色の写真、対照的で面白いです^^
by みち (2017-10-30 00:03) 

yokotee

なになに?時間のところが難しい・・・
28日と29日で1時間時間が変わる調整ってことですか!?
3月~10月がサマータイムで一時間ズレてるってこと・・・
by yokotee (2017-10-30 00:42) 

mitu

野ばらが綺麗ですね、日本の野バラとはまた雰囲気が違いますね
道案内と時間のこと、どちらかが気にしていないとね・・・(^^ゞ

by mitu (2017-10-30 06:54) 

snow

黄色とピンクの愛のこの綺麗なバラ
そういえば秋雨前線と台風の影響で秋バラ撮りに行ってないな
巨大なナメクジも写真で見たかったけど
このページには合わないもんね
野生のブルーベリー食べてみたい
酸っぱいかな?甘いかな?

by snow (2017-10-30 07:43) 

luces

名残惜しいお別れですね
by luces (2017-10-30 08:31) 

テリー

一部で、雨が降っていながら、青空も見えるというのも凄いですね。
シンガポールでは、結構、雨のカーテンが見えました。日本でも局地的な大雨が降るようになって来て、熱帯化してきていると、言われています。世界は、どんどん変わっていきますね。
by テリー (2017-10-30 11:04) 

y*

バラ綺麗です^^ふんわりと香ってきそうで…
素敵な街並み、素敵な眺めですね。
以前行った長崎を思い出しました^^
by y* (2017-10-30 11:59) 

(。・_・。)2k

次回の水族館
楽しみにしてますね(^^)

by (。・_・。)2k (2017-10-30 12:08) 

よしころん

オーレスン、本当に素敵なところ♪
夏は花も多いのですね^^
私も家族旅行や友人との旅の際、時間計算係です(笑)
by よしころん (2017-10-30 17:54) 

engrid

坂道を、階段を登って振り返れば、一望
素敵な瞬間よね、道すがらの花にも優しい視線
そして、気になる看板とか置物にそそられながら記憶
道案内役なんて、いつも私は迷子さんだから、、
by engrid (2017-10-30 18:07) 

そら

ブルーベリーの青い色が鮮やかで綺麗ですね!
ヒメフウロは可愛い♪
by そら (2017-10-30 18:29) 

ぴーすけ君

港の見える景色って どの国に行っても
懐かしく思える場所に思います。
by ぴーすけ君 (2017-10-30 20:00) 

kabu

Inatimyさん お花の名前詳しくて
いつも感心しちゃう☆
心にも時間にも余裕を持つって 大事なことですね(*´ω`*)
by kabu (2017-10-30 21:11) 

miffy

旅の最後にお気に入りの場所にお出かけされたのですね。
アスクラ山、別ルートもあったのですね。
寒い地方は春と夏の花が一度に咲くみたいですね。
綺麗な花を見ながらだと登り道も楽しいでしょうね。
by miffy (2017-10-30 21:38) 

coco030705

こんばんは。
お花がとてもきれいですね。特に私はノイバラ、ブルーベリー、セイヨウカノコソウの写真が好きです。こうして野原に咲いているのがどの花も似合いますね。ほっこりしました。(^.^)

by coco030705 (2017-10-30 23:37) 

kyon

こんな街、撮ってみたいですねぇ^^
階段からの景色、その場に行って実際見てみたいものです。
by kyon (2017-10-31 01:26) 

moz

道案内をやってもらえるなんて良いなぁ~。
家は絶対に方向音痴なので、家族で出かける時は全部自分です ^^;
旅の最終日、うちに帰れるのと、でも、少し物悲しい気持ちとがないまぜになりますよね。特に気に入った景色がたくさんあるところならば。花の奥がツンとしたりして ^^
夏時間と冬時間なんですね、一時間儲かった? 笑
by moz (2017-10-31 10:14) 

めぎ

冬時間になって、一気に夕方が暗くなりましたね〜
今いる旅先では、夏だけのフェリーやお店が終わってしまいました。
by めぎ (2017-11-01 14:28) 

TaekoLovesParis

バラの花の写真、一番上のぱっと咲いたばかりという新鮮さ、思わず微笑み返してしまいます。野イバラも白が清楚でかわいいわ。ピンクの野イバラの木は大きいのね。Inatimyさんの記事で、オーレスンの地理に少し詳しくなった気がします。<この階段を下りて、>、あー、この階段ね、って思ったり、ね。
by TaekoLovesParis (2017-11-03 10:25) 

Inatimy

→皆さま「道すがらの花」のお話にnice!やコメントをありがとうございました。旅先で花を見てると、今頃我が家のベランダ小庭の植物たちは大丈夫かな・・・なんてふと頭に浮かんだりしてました。水を入れたペットボトルなどで工夫して水枯れしないようにしてきてるけど、夏場は4泊5日が限度かなぁ^^;。

→KOMEさま
異国から訪れてる人にとっては最高気温15〜16℃って秋みたいだけど、現地の人にとっては十分夏なのかも^^。冬はずっと氷点下だろうし。暑いのが苦手な私には快適温度でした♪

→竹口要さまのツマさま
山があると日の出が遅かったり日没が早かったりでしょうね〜。平らな土地は歩くのも自転車も楽ちんだけど、足腰弱くなった気が・・・起伏のある地形が恋しくなります^^;。また5ヶ月後には夏時間・・・あっという間なんだけど冬が長く感じます。

→みちさま
お互いに得手不得手があるので、それで自然と役割分担^^。道案内以外はKamoさんがあれこれ動いてくれてます♪ 山の一番上までは行けなかったけど、それでも色んな花や見晴らしに出会えてたっぷり満喫でした♪

→yokoteeさま
説明不足でしたね、冬時間に変わる瞬間、追記入れときました^^。夜中の3時が2時に逆戻りなんです。夏時間と冬時間では1時間の差が。これで体調崩す人もいるらしいけれど、日本ーオランダ間のフライトでも時差ぼけが全くない私なので、1時間ずれたこともすぐに忘れてました^^;。

→mituさま
欧州に来てから、野ばらをじっくり見た私・・・日本では野ばらを見たことがなかったのでした^^;。どんな感じだろ。事前に地図を見たら、大体の位置が分かるし、一度歩いた街は記憶に残ってるので、私が道案内係担当。私にできることって、これくらい^^;。

→snowさま
巨大なナメクジ、kamoさんが写真撮ってましたよ^^;。野生のブルーベリー、足元の低いところになってたけど、実がほとんど残ってなかったし、美味しくて鳥や他の動物が食べちゃったのかも^^。

→lucesさま
名残惜しいけど、小さな街にずーっと4泊ですから十分堪能しました^^。飛行機で2時間だから、近いし♪

→テリーさま
オランダでも晴れてるのに遠くの方で雨のカーテンが見えることよくあります^^。こっち向かってくるかな・・・とちょっとドキドキ。昔は、日本の夏って、毎日激しい夕立があったけど、なくなりましたよねぇ。1日の気温の変化ももっと激しかったような。

→y*さま
もう一色、バラが咲いてたんですが、風で揺れてピントがボケてしまって^^;。長崎も起伏のある街ですよね。昔行って長崎駅を出た瞬間、目の前に斜面に立ち並ぶ家々を見て感動しました♪ あまりにも普段見てた風景と違ってて。

→ (。・_・。)2kさま
水族館、次回の楽しみです^^。旅先の動物園や水族館ってワクワク。何時間でも見ていられます♪

→よしころんさま
小さい街だから、気軽に散歩気分で楽ました^^。花も多いし、何より最高気温が15〜16℃と涼しいく快適なのが私には嬉しく。よしころんさんも時間計算係なんですね〜。

→engridさま
坂を登るにつれて、振り返った時に見える風景が少しずつ見え方が違ってくるのが楽しくて^^。時折撮る街の風景写真も、帰り道の記録に役に立ってたりも。道案内くらいしか私ができることってなかったり^^;。英会話も苦手だし・・・。

→そらさま
実がなる植物って好きなんです^^。花も実も両方楽しめて。ヒメフウロも赤く色づいた葉っぱが美しく。なんだろう?と名前を調べるの、大変でしたが・・・^^;。

→ぴーすけ君さま
港が見えるのって、私も好きです^^。川があったり、湖がったり、海があったり・・・水辺のある街って妙に落ち着く感じ。魚料理も美味しかったりするし♪

→kabuさま
いえいえ、全然詳しくなくって、とりあえず撮っておいて、後で必死に検索して調べてます^^;。なんだろう?って気になることがあるとすぐに調べられる世の中になって、便利ですね〜♪ 心にも時間にも余裕、常に心がけてるつもりなんですが、たまにあたふた・・・。

→miffyさま
アクスラ山、いろんなところからアクセスできるようで、実際はもっともっと広いんです。我が家が歩いたのって、西の部分のほんの一部。もっと東に遊歩道が伸びてます^^。アクスラ山、普段見る花とは違うのが色々見られて興味深かったです。他にもいろんな植物があったんですが、地味なものも多くて^^;。

→coco030705さま
セイヨウカノコソウ、うっすらピンクの花がたくさん集まっているのも愛らしく^^。前に進むたびにいろんな植物に出会えるのも楽しいですね。知らない植物が多すぎて、後でなんだろうと調べてばかりですが^^;。

→kyonさま
海も山もある、起伏に富んだ地形がとっても魅力的な街でした^^。ぎゅっと濃縮された感じで。kyon さんが撮影されたら、きっとすごく美しい写真が撮れるでしょうね〜♪ 見てみたい気が。

→mozさま
我が家ふたりも得手、不得手で自然と役割分担が^^。道案内以外はKamoさんがあれこれ動いてくれてます♪ 旅の最終日は、たっぷり満喫したはずなのに名残惜しい気持ちもどこかにあったり。4日間だけでも自分で料理せず、他の人が作る料理を楽しめたのが私にとっては大きなこと♪ 冬時間になって、睡眠時間、一時間お得でした♪ ま、夏時間になると、また一時間損してしまうけど・・・^^;。

→めぎさま
夕飯作る時間にはもう真っ暗で、なんか作業がしにくく^^;。昼間も曇ってると薄暗くて手仕事が進まずです。オランダでも夏時間だけ開催してるミュージアムとか動物園とか、乗り物類が多いので、徐々に冬眠みたいな雰囲気ですね〜。

→TaekoLovesParisさま
ちょっと古い洋館風なおしゃれな家の前庭に咲いていたバラなんですよ^^。色がキレイで思わず立ち止まったのでした。 白のノイバラもおっしゃる通りとっても清楚で♪ 山にはピンクの方が多かったですよ。斜面だったりするので、転げ落ちないように踏ん張って撮ったりしてました^^;。ブログが我が家の旅の記録なので、道の説明多めかも^^。いつかオーレスンに旅されて役に立つことがあればいいなぁ・・・ふふ。
by Inatimy (2017-11-03 17:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。